OPPとCPPの違い

OPPとCPPの違い


実はこの2つはどちらもポリプロピレンから作られている同じ物です。

一体何が違うのかと言うと、CPPは無延伸のPPで、OPP2軸延伸のPPです。

簡単に言うとCPPを縦と横に引き伸ばしたらOPPになると言う事ですね。

もちろん実際にはそんな簡単なことでは無いですが、認識としては上記で間違いありません。

その他用途等の違い


OPPの特徴

  • 透明度に優れている

  • 光沢があるので商品がよく見える


CPPの特徴

  • 引っ張り耐性が強い(破れにくい)

  • 滑るので、入り口を広げやすい


世の中に出回っているのはほとんどがOPPで作った袋で、CPPの物は他の素材でも代用できることも多いので皆さんは透明で商品の見栄えが良くなるOPPを選択されるのですね。

CPP袋の場合は他の素材でも代用できるのですが、やはり、加工するサイズによっては、CPPを使った方がいい場合もあります。

特に長細い形状の物はPE袋の場合だとなかなか加工するところがなく、結果的にはCPPを使った方が納期の面でもメリットとなります。