バイオマス原料の資材について

昨今ではプラスチックの海洋汚染が酷くなる一方で、弊社としても、プラスチックフィルムを扱う企業として、軽視できるような問題ではなく、何か取り組みを始めたいと常日頃考えておりました。

元々バイオマス原料や、生分解性プラスチックフィルムは各種フィルムメーカーも開発を進めておりました。昨今のように話題になるそれこそ、10年以上前には生分解性プラスチックとトウモロコシが原料のバイオマスフィルムが存在し、弊社でもサンプルとして加工したことがあります。

結果的には加工の難しさと、価格が通常の5倍以上という両面により、バイオマスフィルムは姿を消すことになりました。

しかし、今まさに世界中で話題になり、日本でも、使い捨てストローが禁止になったり、レジ袋が有料化となってしまった背景を考えると、これから一気にバイオマスフィルムや生分解性プラスチックの開発が進められると思います。

弊社でもそれに対応するべく、まだまだ機能的には不完全ですが、デンプン由来の袋の取り扱いや、バイオマス原料の取り扱いを進めております。

ご興味がありましたら、info@sugimoto-fukuro.co.jp  までお気軽にお問い合わせください。