OPP袋とは

OPP袋とは


OPP (Oriented Polypropylene)の略称のことで頭文字を取ってOPPと表記されます。

ナフサを原料としたプラスチックの一種で、国内では、PE(ポリエチレン)の次に使用料が多い一般的な素材です。

使用用途


DM用袋や、商品を梱包している包装資材として使われています。

OPP袋自体は透明なので、中身を見せたい時には透明なままで使われていますが、印刷加工を施すことによって、商品の説明や使い方を表示したり、他との違いをアピールする事によって、売り上げに貢献しています。

 

環境への適応


プラスチックを燃やすと黒い煙が出たり、かなり昔の話ですが、ダイオキシンが話題となり、今でも、燃やすと環境に良くないと考えている方がいますが、単層のポリプロピレンを燃やしても、有毒なガスが発生することはありません。

ポリプロピレンの使用例


射出成型のプラスチック製品でも広く使用されています。

加工が容易く、人体に影響が極めて少ないため、乳児用のお皿などにも使われています。

不織布のマスクにもポリプロピレンが使用されています。