オリジナルサイズのOPP袋

オリジナルサイズのOPP袋とは

ダイソーやホームセンターに置いてあるOPP袋のサイズは規格サイズと言われていて、A4や、B5サイズと表記がされています。

例)A4サイズの場合は紙のサイズを基準にA4用紙が数十枚入るサイズ

こういった規格サイズの袋は、すぐに買える、単価も安い、小ロットでも買えるという点で優れています。

メルカリや、オークションで限られた回数のみ必要な場合は必要な枚数がそもそも少ないのでオリジナルサイズを作ってしまうと、コスト高になってしまいます。

オリジナルサイズのOPP袋が必要な方とは

ではどんな方が単価や納期の面で大きく劣るはずのオリジナルサイズのOPP袋が必要なのかというと、下記の2点になります。

  • 特殊なサイズを使用している
  • 商品を販売している

両方に当てはまる人がオリジナルサイズのOPP袋が必要な方になります。

理由としては、当然、商品の見栄えも良くなりますが、そもそも、小さいアクセサリーや大きな、布団カバーなどを入れようと思ったら、専用サイズを作らないと、規格品ではあまりありません。かといってなにも包装されていない状態で店頭に並んでいると、やはり商品が売れないので、包装する必要があるからです。

こちらの記事も参考に「パッケージを変えるメリット」

またパッケージというのはたとえ透明であっても、サイズの合っていない袋と、ぴったり合っている袋を見比べたとき、あきらかにサイズの合っていない商品は手抜きと見えてしまいます。

中身の質が違っていても、袋の見た目だけで判断されてしまうことは本意ではないはずなので、必ずぴったりのサイズの袋を用意してください。

弊社では、常時フィルムの在庫と、製袋機の確保によって、小ロット、短納期を実現しております。

急ぎで、このサイズの袋が欲しい!と思われている方は一度こちらからお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です